タイムトライアルバイクを高く買い取ってもらうポイントとは?

タイムトライアルバイクというのは、個人タイムトライアルに特化した自転車レース用の自転車の事で、チーム走行ではなく、あくまで個人としての速さに特化しているのが特徴です。

また、操舵制御での集団走行での駆け引きなどよりも、とにかく単独走行で早く速度がを出す為にできる限り空気抵抗を少なくする設計に特化した自転車です。

タイムトライアルバイクにおける速さ、スピードは、運転する選手の筋力に依存するのは、間違いありませんが空気の抵抗をどれだけ減らせるのか?という事でも最高速度が変わってきます。

それくらい、タイムトライアルバイクにとっては空気抵抗を小さくする事が重要になるわけです。そのため、ハンドル位置が低くなるように設計されていたりします。

また、慣性の法則をりようした最高速度を高めるように、重量も重くなる事が多いので登りであるヒルクライムになどにはまったく向いていません。

とにかくプロとして直進性を高めて速度を上げて運転するという自転車ですので、ある程度そういった競技としてタイムトライアルバイクに慣れていくという気持ちがある方以外で、完全な初心者の方が簡単に購入するというのはあまりおすすめされない自転車でも合ったりします。

 

タイムトライアルバイクハンドルについて

タイムトライアルバイクとよく比較されるロードバイクですが、独特なハンドル形状にその違いがあります。

ロードバイクはドロップハンドルとよばれるハンドルが多いですが、見た目的には、ちょっとした牛の角のような形をしているのがタイムトライアルバイクのハンドルの特徴です。名称も牛の角という意味で、ブルホーンハンドルと呼ばれています。またダウンヒルバーとアームレストが取り付けられているのも特徴です。

 

アームレストに肘を乗せてダウンヒルバーを握る体勢ができるので、このハンドルの形状を最大限活かすような感じで、バイクを漕ぎ続けられるのでとにかく空気抵抗を受けづらいくても、姿勢を長時間維持しやすくできるように設計されています。
初心者には向かないという理由もこの独特の姿勢が初心者には難易度が高いという事があります。

 

タイムトライアルバイクをする為の費用相場っていくら?

タイムトライアルは、必要なアイテムを種目ごとで揃える必要がありますので、自転車、だけでなくバイクシューズ、トライスーツやウェットスーツ、ランニングシューズ、補給食なども揃える必要がありますので、トータル30万円程度は少なくとも掛かると言われています。

なので、買い取りしてもらう場合も、身につける物は別としてタイムトライアルバイクに取り付けるパーツなどもセットで査定してもらうことが高い査定金額をだしてもらう為には必要な事です。

 

 

以上の特徴があるのがタイムトライアルバイクです。これらの情報や条件を元にどうすればタイムトライアルバイクを高く買い取ってもらえるのかを簡単にまとめてみました。

タイムトライアルバイクを高く買い取ってもらう方法とは?

タイムトライアルバイクをを高く買い取ってもらうためには、前にも少し触れましたが、自転車本体だけではなく、様々な付属品も綺麗に掃除メンテナンスしておくことが有効です。

その理由は、タイムトライアルをする場合におけるタイムトライアルバイクはどうしても、速度を個人の体格や条件に合わせて作り込んでいく自転車なので、個人使用感などの汚れなどは基本できる限りキレイにしておいたほうがいいです。購入する側の立場に立ってみると、変なカスタムしてある状況で汚れも使用感もありありと残っているとした場合それを購入しようと思うでしょうか?

仮に購入しようと思う人が現れても、もう少し安かったらな・・という感じで安い価格でしか購入意思は生まれません。

安い価格でしか購入意思が生まれにくいということは、当然買い取ってもらう金額についても安く買い叩かれてしまうという事になります。

そうならない為にも、できる限り使用感を消す為に汚れ、目立つ傷、サビなどは、コンパウンドなどで磨いて、目立たなくする、または消すなどの事をしてあげることが大事です。

 

こういった、タイムトライアルバイクも含めて、自転車 高価買取 吹田市 などのおすすめサイトがあります。

以下は、そのサイトの自転車買取情報や、自転車のメンテナンスや買い取りをよくする為の細かい情報などの新着情報です。興味がありましたら、ぜひご覧いただければと思います。